RAKUMACHI

​楽待

​楽待攻略

Yoichi Meguro

正確な情報提供には信頼を寄せる同業者も多く、相談も多い。

丁寧な案内は初めての不動産投資の方も安心して取り組める気遣いがある。

特にリスク面への説明は時に過分と言えるほど。

​石橋を叩いて壊すタイプ。

​Daisuke Sato

察しの速さには定評がある。

併せ持つ提案力により、スムーズなやり取りは好評。

顧客の潜在ニーズに気が付き、意外な着地点を見出す事で要望にこたえる事も。

​口の悪さが玉に瑕。

​ちょいと社長、社長。

楽待で私らも営業してますけど、その際のコツのようなものを提供出来たら役に立つと思いませんかね?

​攻略法と言いますかね。

​それは、面白いかもしれませんね。

提案メールもタダじゃありませんからね。

​お互いに無駄を減らして有意義な営業につながるなら誰しも役に立つ情報になりますね。

​提案メールもタダじゃありませんからね。

​同じ事2回言ってますよ。でも、大事なポイントかもしれませんね。

提案メールは一通1000円しますからね、貴重なメールなんですよ。

無駄な提案は本当に双方に何ももたらさないですからね。

​まず何から気をつければ良いですか?

​やはり、プロフィールは大事ですよね。

検索結果に反映しますから、欲しい情報が適切に届くようにする事は重要です。

​我々は物件が入ってくるとその物件を欲しい条件に入れている人を検索で選んで提案します。従いまして欲しい物件が届かないようなプロフィールにしているようでは駄目ですよね。

​ああ、頭金未記載とかは損しますよね。実際に出すかはさておき準備出来る数字は入れた方が検索に乗りますもんね。

​基本プロフィールで大事なのはログイン頻度、回答率、年収、年齢、頭金、所有物件、この辺が基本ですよね。後はどうでしょうね。

​正直に全てを記載してもいいですけど、あまり書きたくない人もいますよね。

私達が最低限知りたいのは

・買えるのか? → 頭金 年収 保有物件

・見るのか?  → 最終ログイン

・欲しいのか? → ニーズ

この3点は気を付けて見てますよね。

​なので、プロフィールでは最低限保有物件と年収と頭金は入れてほしいですね。

年収は源泉徴収票の収入欄を記載するのが正確でいいですよね。

頭金は購入希望物件の予算額の20%位が記載されていると情報をこぼさないですね。

​後の事はニーズに書けばいいですよね。

​はい。

ニーズでは何が欲しいのかを書いていきますが、これがすごく重要です。

何でもいいから「良い物件」と考えている方が多いみたいですが、これでは、ノイズのような情報ばっかりになってしまいます。

​沢山情報が来ても返って精査出来ないですもんね、じゃあ、たまに見ますけど「これは無いだろう​」という条件を書いている人は正解なんですかね。

そんなんうちで買うよみたいな条件を​ニーズにしてる人いますよね。

​一概に間違いではありませんね。

それだけ、ニーズ違いの提案が減りますから。

ただ、あまりニーズを詰め込み過ぎると提案が来なくなると思いますけどね。

少なくとも価格、エリア、利回りは正確に書いておくべきです。

​これで、大まかな検索にかかるようになります。

​それ以外のこだわりは一言コメントに書いておくといいです。

​一言コメント重要ですよね。​

一番書いてて賢いなーって思ったのは与信枠と融資先が書いてある人ですよね。

​こういう人には提案もれの無いように気をつけますもんね。

後、妥協点か、譲れない点が記載されていると良いですよね。

​駅からの距離なのか利回りなのか、どっちを取るかメモで分かると惜しい物件も送ってみようってなりますよね。

​後、私達が読む情報に断った履歴があります。

ここを無言で断っている人は損してます。

私は無言でひたすら断っている人は同業者の疑いを持っていますので提案を控えるかもしれません。

​たまにニーズ通りじゃ?って提案断ってたりしますもんね。

あまりに酷いと運営に通知する事も出来るんですよね。

​まぁ、一通1000円ですからね~。あまり、手酷い断りも良くないかもしれませんよね。もう送らないようにしようってなりますもんね。

​NGリストという機能がありますので、履歴から見込みの無い人はこのフォルダに分けられてしまうかもしれません。

​良い事は何もないので、断る際は何が駄目なのか?どうであれば良いのか?を答えてあげるとほかの提案者も参考に出来ます。

​提案の物件がニーズ違いでも他の物件があるかもしれないので、惜しい提案者は問い合わせをするのも手ですよね。

問い合わせ以降は1000円かけずに再提案出来ますからね。

​優良な提案者はどんどん問い合わせしてあげた方がいいですよね。弊社とか。

​さらっと弊社を入れましたね。

でも、その通りです。

楽待では良い物件を待つというよりも良い提案者を待つと言った方が良い得ているかも知れません。

​その辺をセミナーで詳しく解説してますから、チェックして欲しいですね。

楽待攻略セミナー

エリアックスでは「楽待」の提案メールサービスをよりよく利用するためのセミナーを開催しています。

​セミナーでは不動産業者側から見た利用者の見え方や考え方を案内しています。業者側の考え方が分かる事でどのようなプロフィールや応対をする事で物件が集まってくるかが分かります。

セミナー情報は楽待セミナー広告か、弊社までお問い合わせ下さい。

詳しくは下記担当者までメールして下さい。

sato@areax.co.jp​

エリアックスでは楽待ち攻略セミナーを動画配信しています。

​YouTubeにてご覧いただけますので下記のリンクから御参照下さい。

s02.png
東京都港区六本木の不動産会社 株式会社エリアックス

東京都港区六本木の不動産会社

株式会社エリアックス

所在地 : 〒106-0032

東京都港区六本木3丁目14-12 

六本木3丁目ビル 707号室

TEL : 03-5411-5010

FAX : 03-5411-5020

MAIL : info@areax.co.jp

免許番号 : 東京都知事免許(2)第95695号
所属団体 : 公益社団法人全日本不動産協会
保証協会 : 公益社団法人不動産保証協会

© 2020 areax All Rights Reserved.